かぶきわらしの義経千本桜

かぶきわらし・表紙イメージ

桜がひときわ華やかな人気演目を
かぶきわらしがやさしくご紹介。
「魚づくし」のことばあそびや
「判官びいき」の由来解説も収録

A4変型判・上製・38頁・オールカラー
「背ぎば」や「宙のり」など、
あっとおどろく けれんがたっぷり!のしかけ絵本

  

発売:2018年2月発売
定価:1800円+税
発行:出版ワークス
小学校高学年から
ISBN:978-4-907108-19-9

産経新聞掲載

かぶきわらし

かぶきわらし・表紙イメージ

おどろきと感動がいっぱいの舞台を、
かぶきわらしがご案内!
この一冊で、はじめての歌舞伎が、
ぐっとやさしく、さらに楽しく味わえます

A4変型・上製・36頁・オールカラー
舞台が早がわりする
「がんどう返し」を再現した大じかけ!絵本

  

発売:2016年12月
定価:1600円+税
発行:出版ワークス
発売:河出書房新社
小学校高学年から
ISBN:978-4-309-92110-5

読売新聞・毎日小学生新聞掲載

楽屋・女形・黒御簾などの専門用語や、江戸時代からつづく歴史をやさしく解説

かぶきわらし・表紙イメージ
かぶきわらし・表紙イメージ
かぶきわらし・表紙イメージ

歌舞伎ならではの「けれん」を絵本の「しかけ」で楽しめます。

『かぶきわらしの義経千本桜』では、舞台の幕あけをダイナミックな両観音開きで再現します。
後半ではさらに、神出鬼没の狐忠信の動きを三段階のしかけで展開。 ぜひ実際に絵本をお手にとって、けれんのおどろきを味わってください。

狐忠信のしかけ

めくると舞台がはやがわり!『かぶきわらし』では「がんどう返し」を上下にひらく両観音開きで展開します。
実際の迫力をぜひ、絵本を開いてご体感ください。

めくると舞台がはやがわり!『かぶきわらし』では「がんどう返し」をダイナミックな両観音開きで展開します。実際の迫力をぜひ、絵本を開いてご体感ください。

人気演目の名場面も紹介

『かぶきわらしの義経千本桜』より、「道行初音旅」の名場面

白浪五人男役者の絵柄

『かぶきわらし』より、「白浪五人男」の名場面

白浪五人男役者の絵柄

作者・解説者紹介

文・絵/庄司三智子(しょうじ・みちこ)
武蔵野美術大学油絵学科卒業。主な作品に『りんご ごーごー』(ひさかたチャイルド)『われら にんじゃ』(チャイルド本社)『もちもち おもち』『めんの めんめん』(以上岩崎書店)『たいこうちたろう』(佼成出版社)『こねこ こねこね』(WAVE出版)『しろもちくんとまめもちくん』(アリス館)など多数。「かぶきわらし」シリーズは学生時代から愛好する歌舞伎の魅力をやさしく伝える意欲作。
解説/古井戸秀夫(ふるいど・ひでお)
早稲田大学演劇科卒業。早稲田大学教授、東京大学教授を経て現在東京大学名誉教授。専攻は演劇学・舞踊学。主な著書に『歌舞伎―問いかけの文学』(ぺりかん社)『新版舞踊手帖』(新書館)『歌舞伎入門』(岩波書店)などがある。

イベント情報

庄司三智子の「かぶきわらし」展〜歌舞伎の楽しみ〜

舞台の「けれん」を、あっとおどろくしかけで再現した、やさしい歌舞伎絵本シリーズ「かぶきわらし」「かぶきわらしの義経千本桜」の名場面を展示します。作者の庄司三智子先生が制作された立体作品「おもちゃ絵」も展示します。

また、子どもが参加できるワークショップと大人向けのトークの特別イベントもあります。 どちらも終了後にサイン会を予定しています。ぜひお運び下さい。

展示期間:2018年11月8日~12月2日
会場名子どもの本&クーベルチップ
開催地:〒232-0061 神奈川県横浜市南区大岡2丁目1-17
営業時間:木~土曜日 11:00~18:00  日曜祝日 12:00~17:00 

画像はクリックで大きくなります


● 特別イベント(要予約)

1、ワークショップ:「白浪五人男」のおもちゃ絵をつくろう!

江戸時代に作られた子ども向けの錦絵を「おもちゃ絵」と言います。すごろくや着せ替えなどいろいろなものがありましたが、特に切り抜いて組み立てて歌舞伎の舞台を再現するものは人気がありました。このワークショップでは「かぶきわらし」の絵本でも紹介している人気演目「白浪五人男」の名場面のおもちゃ絵をみんなで作ります。5人のヒーローが活躍するストーリーもやさしくご案内します。
日時:11月11日(日)13時30分〜15時
対象:小学1年生以上(低学年のお子様は保護者もご一緒にご参加ください)から大人まで
定員:8名
参加費:1000円(材料費込み) 

2、大人向けトーク:かぶきわらしの歌舞伎の楽しみ方

歌舞伎は京都四条河原でお国という女性が踊った「かぶき踊り」にはじまり、庶民の文化そのものとして江戸時代の芸能の中心となりました。観客を巻きこみ、楽しませる演出の追求は、現代のさまざまな舞台にもヒントを提供しています。歌舞伎の好きな方も、見たことがない方も、「かぶきわらし」の絵本の周辺からやさしく歌舞伎の楽しみ方をご案内します。名場面を作れる「おもちゃ絵」のおみやげつき。
日時:11月18日(日)13時30分〜15時
対象:中学生以上
定員:20名
参加費:1000円
講師:庄司三智子(しょうじ・みちこ)
武蔵野美術大学油絵学科卒業。主な作品に『りんご ごーごー』(ひさかたチャイルド)『われら にんじゃ』(チャイルド本社)『もちもち おもち』『めんの めんめん』(以上岩崎書店)『たいこうちたろう』(佼成出版社)『こねこ こねこね』(WAVE出版)『しろもちくんとまめもちくん』(アリス館)など多数。「かぶきわらし」シリーズは学生時代から愛好する歌舞伎の魅力をやさしく伝える意欲作。

お申し込み

子どもの本&クーベルチップ
Tel/Fax 045-334-8702
e-mail: kooberutcip0825@gmail.com